プライバシーポリシー

 

NPO法人インターナショナル・ラブ・フォー・オール協会(以下「当団体」といいます。)は、

みなさまの個人情報の重要性を強く認識しております。
当団体では、みなさまからお預りする個人情報を、個人情報保護法ならびに個人情報の保護に関する法律施行令、

個人情報の保護に関する法律 施行規則を遵守するとともに、細心の注意を払って保護することを約束いたします。

 

個人情報の収集

 

当団体では、みなさまの個人情報の収集にあたっては、適法かつ公正な手段により行います。

ご承諾なく個人情報を収集することはありません。個人情報を書面または電磁的方法で取得する場合は、

利用目的を本人に明示します。
NPO法における所轄庁に提出する書面においては必要事項を提出していただきます。
​また海外における同行活動においては必要事項(パスポート情報・氏名・生年月日など)を提出していただきます。

それ以外に緊急性を要する事項や活動において習得する場合があります。

要配慮個人情報を取得する場合は、利用目的の特定、通知又は公表に加え、あらかじめ本人の同意を得たうえで収集します。

ご本人が要配慮個人情報を公にしている場合は当団体はその責を負いません。

 

個人情報の利用目的

 

お預りした情報は、原則として当団体および関連団体との連携・活動および関連情報をご提供する目的

または、当団体の活動・サービスを改善する目的にのみ利用いたします。

それ以外の目的に利用する場合は、個人情報をご提供いただく際に予めその目的を明示します。

個人情報をこれらの目的以外に無断で利用することはありません。

 

第三者への提供

みなさまからご提供いただいた個人情報は、以下のそれぞれの場合を除き、第三者に開示または提供することはありません。

 ○上記で挙げた利用目的に必要な限りにおいて当団体の業務委託先または事業承継、共同利用に対し開示を行う場合

 ○法令に基づく場合(例:警察、裁判所、税務署等からの照会)

 ○人の生命・身体・財産の保護に必要な場合(本人同意取得が困難)  

 (例:災害時の被災者情報の家族・自治体等への提供)

 ○公衆衛生・児童の健全育成に必要な場合(本人同意取得が困難)  

 (例:児童生徒の不登校や、児童虐待のおそれのある情報を関係機関で共有)

 ○国の機関等の法令の定める事務への協力   

 (例:国や地方公共団体の統計調査等への回答)

オプトアウト

 

オプトアウトにより個人データを第三者に提供する場合は、必要な事項を委員会に届け出します。  

委員会は、届け出のあった事項を公表することとなっており、 委員会のウェブサイトで、オプトアウトを行っている事業者や、 第三者提供されている個人データ項目などを確認することで、本人が当該第三者提供の停止を求めることができます。

外国にある第三者に個人データを提供する場合は、次の①~③ のいずれかを満たすことを条件とします。(個人情報保護法第 24 条)。

①外国にある第三者に提供することについて本人の同意を得る。

②外国にある第三者が、適切な体制を整備している(※) 。

③外国にある第三者が個人情報保護委員会が認めた国に所在している。

 

(※)具体的には、以下が該当します。

○外国の第三者において個人情報保護法の趣旨に沿った措置を実施することが、委託契約・共通の内規・個人データを提供する者が APEC 越境プライバシールール(CBPR)システムの 認定を受ける等によって担保されていること

 

○外国の第三者が個人情報の取扱いに関する国際的な枠組み(例: APEC 越境プライバシールール(CBPR)システム)に基づく認定を受けていること 。

(※)APEC 越境プライバシールール(CBPR)システムとは、APEC域内における個人データ越境移転を円滑にする仕組みです。

保有個人情報の開示

当団体は保有個人情報に関して、本人の開示の求めに応じ、速やかに情報の開示を行います。

開示の請求は、本人確認の必要上郵送によるもののみを受け付けるものとし、電話や電子メールによる請求は受け付け致しません。

また、問い合わせ者が真正な本人であることを確認するために、個人情報保護法第29条に基づき、

本人を特定するための資料の提出を条件とさせていただいております。(下記リンクより必要書類の確認をお願い致します)

匿名加工情報

 

匿名加工情報の作成方法の基準は、個人情報保護委員会規則で定められており、当団体は委員会の規則の元で行います。

匿名加工情報を作成した場合は、当該匿名 加工情報に含まれる個人に関する情報の項目を公表します。(個人情報保護法第 36 条)

当団体が匿名加工情報を再度識別することは致しません。

 

登録情報の変更等

 

ご自身の個人情報の変更、確認、訂正、削除などをご希望される場合は、当団体のお問合せメール宛てにご連絡ください。

第三者による漏洩、改ざん等を予防するために、ご本人様であることを確認させていただいた上で、必要な処置をいたします。
(下記リンクより必要書類の確認をお願い致します)

なお、理事以外の会員・職員については電磁的方法にて変更していただいて構いません。
​(理事はNPO法上、所轄庁への届け出が必要となりますので、必要書類を提出願います。)

 

個人情報の管理

 

個人情報を安全に管理するよう以下の事項に鋭意取り組んでおります。

・個人情報への外部からの不正なアクセス、個人情報の紛失・破壊・改ざん・漏えいなどの防止の徹底を行います。

・合理的かつ適切な安全対策を行います。

・情報管理責任者を置き、個人情報の適切な管理を行います。

1)組織的安全管理措置

 ・組織体制の整備

 ・個人データの取扱いに係る規律に従った運用

 ・個人データの取扱状況を確認する手段の整備

 ・漏えい等の事案に対応する体制の整備

 ・取扱状況の把握及び安全管理措置の見直し

2)人的安全管理措置

 ・会員の教育

3)物理的安全管理措置

 ・個人データを取り扱う区域の管理

 ・機器及び電子媒体等の盗難等の防止

 ・電子媒体等を持ち運ぶ場合の漏えい等の防止

 ・個人データの削除及び機器、電子媒体等の廃棄

4)技術的安全管理措置

 ・アクセス制御

 ・アクセス者の識別と認証

 ・外部からの不正アクセス等の防止

 ・情報システムの使用に伴う漏えい等の防止

個人データの漏えい等

当団体は「個人データの漏えい等の事案が発 生した場合等の対応について」(平成 29 年委員会告示第1号)に基づく措置を行います。

個人データの漏えい等の事案が発覚した場合に講ずるべき措置としては、

①事業者内部における報告、被害の拡大防止

②事実関係の調査、原因の究明

③影響範囲の特定

④再発防止策の検討・ 実施

⑤影響を受ける可能性のある本人への連絡

⑥事実関係、 再発防止策の公表

また、内容によって、個人情報保護委員会等への報告を行います。

本ポリシーの改定

 

本ポリシーは法令等の要請や皆様のプライバシー情報保護対策の改善のため、内容の全部または一部を改定することがあります。

最新の情報は当ウェブサイト内に掲載いたします。

 

本ポリシーの適用範囲と他のサイトへのリンク

当ウェブサイトには、有用な情報を提供するため、他のウェブサイトへのリンクがございますが、

当団体は他のウェブサイトのプライバシー保護についての責任は負いかねます。

それぞれのウェブサイトのプライバシーポリシーをご確認いただき、ご自身の判断でご利用ください。

 

お問い合わせ窓口

 

個人情報等の取扱いについてのご意見、ご質問につきましては、

ngo.ilfa.association@gmail.com までメールにてご連絡くださいますようお願いいたします。

個人情報保護委員会

 

個人情報保護法相談ダイヤル

☎ 03-6457-9849

受付時間  土日祝日及び年末年始を除く 9:30 ~ 17:30